2017年6月14日水曜日

横綱白鵬関の断食肉体改造はファスティングと雑誌掲載

横綱白鵬関の断食肉体改造はファスティングと雑誌掲載

週刊FLASH2017年6月20日号 掲載
大相撲五月場所で横綱白鵬関が全勝優勝した際のインタビューでも取り上げられた断食肉体改造

白鵬が取り組んでいた

断食肉体改造

食べるが勝ちの力士にとってまさかの禁じ手が功を奏した


著名な方や一流アスリートの健康管理もしております山田豊文先生の写真とコメントも掲載
山田先生の記事をシェア


出版社サイト公式
詳細は紙面にてお願いします。
雑誌ご購入はこちら
週刊FLASH(2017年6月20日号




山田豊文先生著作
山田豊文氏の本


断食ファスティングとは山田式ミネラルファスティングジュース
ファスティングの方法山田式ファスティングガイドブック

著者について
山田豊文Toyofumi Yamada
杏林予防医学研究所所長。「細胞環境デザイン学」を独自に提唱し、「杏林アカデミー」(2013年開校)や「アカサカフロイデクリニック」(2015年開院/東理人院長)を通じて、本来あるべき予防医学と治療医学の啓蒙や指導を行う。近著に『死ぬまで元気に生きるための七つの習慣』(山と渓谷社)など。杏林予防医学研究所

杏林予防医学研究所とは

杏林予防医学研究所 山田豊文先生開発・検定サプリメント



2017年4月25日火曜日

ホンモノの予防医学1日0食で細胞力を取り戻す断食のすすめと雑誌掲載

1日0食で細胞力を取り戻す断食のすすめと雑誌掲載 ホンモノの予防医学

著名な方や一流アスリートの健康管理もしております山田豊文先生の断食・ファスティングの記事が雑誌掲載されています。ザ・フナイ 2017年4月号です。


「健康のエキスパートが伝える、ホンモノの予防医学」

「1日0食で細胞力を取り戻す断食のすすめ」

funai201704


◆書名:月刊誌『ザ・フナイ』2017-4月号(vol.114)
◆出版社:船井本社
◆発売日:3/3(月)発売予定
◆価格:1冊 1,650円(税込)


ザ・フナイ出版社サイト公式
カリスマ・コンサルタントとして船井総合研究所を創業、著作多数の船井幸雄を創刊主幹とするオピニオン誌。主幹は船井勝仁氏。
「マス・メディアには載らない本当の情報」をさまざまな分野の超一流の人々が毎月、本音でストレートに書いています。

ザ・フナイ公式はこちら


雑誌ご購入はこちら
ザ・フナイ 2017年4月号



関連情報

断食ファスティングとは山田式ミネラルファスティングジュース
ファスティングの方法

山田豊文Toyofumi Yamada
杏林予防医学研究所所長。「細胞環境デザイン学」を独自に提唱し、「杏林アカデミー」(2013年開校)や「アカサカフロイデクリニック」(2015年開院/武井みずほ院長)を通じて、本来あるべき予防医学と治療医学の啓蒙や指導を行う。近著に『死ぬまで元気に生きるための七つの習慣』(山と渓谷社)など。杏林予防医学研究所
杏林予防医学研究所とは

杏林予防医学研究所開発・検定サプリメント




ファスティングとはファスティングの方法
ファスティング体験記


正規販売店ファスティングプレミアム
楽天正規販売店ファスティングプレミアム

ヤフー正規販売店ファスティングプレミアム

ザ・フナイ 2017年4月号
ザ・フナイ 2017年4月号

2017年2月14日火曜日

断食やファスティングの効果や実践する有名人の記事

断食やファスティングの効果や実践する有名人の記事


掲載内容(紙面から一部引用)

  • たけし、タモリら芸能人やアスリートも実践!桐島洋子さんも!

「一日一食」で最高の人生を手に入れる

ゆほびか 2015年 02月号

「一日一食」で最高の人生を手に入れるタモリやビートたけし、水谷豊、Gackt… 一流の芸能人の間で「一日一食」の食生活がひそかに行われています。

横綱・白鵬も場所中は空腹で取組に臨めるように「少食」を実践、歴代の連勝記録を更新しました。なぜ、食べないほうが調子がいいのでしょうか?

環境・食品問題のジャーナリストがたどりついた結論、余命宣告されたガンから生還した女性の体験談、時代を象徴する作家の自然体の取り組み方など、実践者のお話をじっくり伺いました。さらに、断食が体に及ぼすすごい効果を、当代きっての専門家の先生に解説していただきました。鶴見クリニック院長/鶴見隆史


杏林予防医学研究所所長/山田豊文
1949年生まれ。米国公益法人ライフサイエンスアカデミー主宰。細胞の機能を極限にまで高めるような細胞自身が求める栄養素(環境)を提供することを予防医学・治癒医学のベースにした独自の理論「細胞環境デザイン学」を確立。幼児教育、美容、スポーツなど、各界の著名人から支持を得ている。著書は、『細胞から元気になる食事』(新潮社)、『家族みんなが病気にならない食べ方事典』(現代書林)、『脳がよみがえる断食力』(青春出版社)など多数。穀菜食中心の食生活の重要性を訴える「マゴワヤサシイ」の提暗者でもある。


横綱白鵬の連勝記録の原動力は小食

細胞の1つ1つがよみがえる

穀菜食7つの食材

マゴワヤサシイ


断食・ファスティングを実践する芸能人、著名人

「オイラは一日一食しか食べないよ。朝は野菜ジュースだけ」(『週刊ポスト』2013年7月12日号)ビートたけし

「ヒザ痛を治すため断食。頭がスッキリし、感覚も研ぎ澄まされ、病み付きになり、以来、年に1度、1~3日ほど断食する」(『週刊現代』2011年3月5日号)為末大

「プチ断食を10年以上。野菜果物ジュース約2?しか口にしない」(『からだにいいこと』2011年11月号)木村多江

「オレ、一日一食しか食べない」(フジテレビ系列『笑っていいとも!』放送内での発言)
中居正広「タモリさんは、27時間テレビで1回も食べなかったんですよ。僕らなんか、昼食べて、間の時間におにぎり食べてとかですけど、なにも食べなかったんですよ」
タモリ「食べるとね、絶対にバテると思ったの」
中居正広「1週間に1回、断食してるんですって?」
タモリ「完全に24時間食べない!」
(フジテレビ系列『とんねるずのみなさんのおかげでしたSP』2014年3月27日放送での発言)タモリ

「ぼくは基本的に朝とお昼、食べないんですね。ですから、夜にかけてますから夜になると野生に戻るんですね。食べたいほうだいね」(テレビ朝日系列『徹子の部屋』2014年4月25日放送での発言)水谷豊

秋元康「Gacktさんって、ホント生活感、感じないですよね?ご飯とか食べるんですか?」
Gackt「一日一食は食べますよ」
(ニッポン放送「秋元康の自分の時間」2001年12月18日放送での発言)Gackt

「(若さの秘密を尋ねられ)1つは『食べないこと』。正確には一日一食しか食べない。体を飢餓状態にすることで、抗老化遺伝子といわれるサーチュイン遺伝子を目覚めさせ、体の細胞を若返らせているんです」
(『日刊ゲンダイ』2014年7月26日)千葉真一

「一日一食で若いころの体型を維持。いつでも美剣士ができる」
「食べる量や、何を食べるかは全く制限していません」(『壮快』2012年6月号インタビュー記事より)京本政樹

「一日一食。睡眠時間4時間。冴えた状態をつくるには、やっぱり食べないこと。食べれば眠くなるし、頭がぼける。事実太っていたときに書いた曲はよくないんだよね」(『婦人公論』1992年8月号)三枝成彰

「かれこれ30年以上続く食事スタイルが、『一日一食』でる」
「健康診断でひっかかるとか、大きな病気になったことがありません」
「デビュー時の体重は52.5キロでしたが、現在は45キロを保っています」(『壮快』2012年6月号インタビュー記事より)未唯mie

「ふだんは一日一食、腸内洗浄を毎日」(『週刊現代』2003年1月19日号)阿藤快



マキノ出版; 月刊版 (2014/12/16)
発売日: 2014/12/16

ゆほびか公式サイトはこちら
http://www.makino-g.jp/yuhobika/


その他目次
公式ゆほびか2015年2月号
「体温を上げる」と病気は自然に治る、美人になる!
89・8%の病気は体温を上げれば防げる!
免疫の名医、大学教授らが最強の温め方を指南

「顔をもむ」と万病が治る!脳が活性化!
「ママの体と心」が元気になる3つの知恵
「インフルエンザの本当の治し方」


さらに詳しくはこちら

ゆほびか2015年2月号
ゆほびか 2015年 02月号



断食、ファスティング情報


ファスティング体験記
ファスティングとはファスティングの方法


ファスティングガイドブック

ファスティング効果



ファスティング体験記ファスティングの方法

断食ファスティング効果や実践する有名人の記事が雑誌掲載 ゆほびか2015年2月号



正規販売店ファスティングプレミアム
楽天正規販売店ファスティングプレミアム

ヤフー正規販売店ファスティングプレミアム

2017年1月19日木曜日

ファスティングジュースダイエット 3日でマイナス3kg

ファスティングジュースダイエット

3日でマイナス3kg!
ファスティングジュースダイエット

女優やモデル、アスリートなど多くの有名人がこぞって実践する
話題のファスティングをもっと知る
横峯さくらさんのインタビューや体験者の結果データなど、盛りだくさん


出版 PHP研究所

書籍紹介
ファスティングとは、英語で断食のこと。
酵素ジュースを飲みながらプチ断食をする。それがファスティングダイエットです。


いま大注目のファスティング。
それは、ファスティングがダイエットだけでなく、若返りや免疫力アップにも効く、驚くべき健康法だから。


本書で紹介している山田式ミネラルファスティングは、女優やモデル、アスリートなど多くの有名人がこぞって実践。おいしいジュースを飲みながら行なうから、食べなくても辛くありません。手作り酵素ジュースで断食することで、代謝アップ! 細胞から健康な体に生まれ変わります。



実際にファスティングを体験した人からは

  • 長年の肌荒れが治り、ファンデいらずの赤ちゃん肌になった
  • どす黒い便が大量に出て、ぽっこりお腹がへこんだ
  • 疲れにくくなり、肩こりが治った



など、体の変化を実感する声がたくさん!
体と心のリセットに、あなたも始めてみませんか?
きっと、人生が変わります。

ファスティングジュース・ダイエット内容


ファスティングをはじめる前に
ファスティングのリセット効果で病気知らずに/健康法としてのファスティング/ファスティングの5つの特徴/ファスティング前に用意しておきたいもの/ファスティングチェックリスト/初めてのファスティングQ&A/ファスティングに際して注意したいこと


ファスティングを実践する
ファスティングジュースってどんなもの?/基本的なファスティングジュースのつくり方/春夏秋冬のファスティングジュース/発酵ファスティングジュースってどんなもの?/基本的な発酵ファスティングジュースのつくり方/準備期と復食期について/ファスティング前後に摂りたい「マゴワヤサシイ」食材/体験者のファスティング日記/ファスティング効果をもっとUPするストレッチ


もっと知りたいファスティングの効果
ファスティングで得られる10の効果/ファスティングが成功脳をつくる/ファスティングの効果を維持するには/ファスティング記録ノート


書籍の購入
3日でマイナス3kg! ファスティングジュース・ダイエット

ファスティングジュースダイエット

著書 山田豊文
有名アスリート、プロ野球球団、芸能人、経営者など成功者の体調管理に信頼の実績、テレビ・マスコミにも出演掲載、著作多数、栄養学の第一人者。
山田豊文氏の本



関連情報

ファスティングとは
ファスティング効果
ファスティング体験記

ファスティングガイドブック
ファスティングの方法
夫婦で楽しむ、ファスティング入門

はるな愛さんお腹ぺたんこのファスティング酵素ドリンク


デトックスや脂肪燃焼などファスティングがもたらすメリットが雑誌掲載

断食成功例や小食のメリットが雑誌 毎日が発見に掲載



ファスティングプレミアム
山田先生お勧めファスティング


2016年10月20日木曜日

人気の健康ムック 老けない体をつくる生活習慣に掲載のファスティング専用ドリンク

人気の健康ムック 老けない体をつくる生活習慣に掲載のファスティング専用ドリンク

宝島ムック 老けない生活習慣
老けない体をつくる生活習慣内容
がんや糖尿病といった生活習慣病が蔓延する世の中で、健康を維持するためには毎日の生活の見直しが必須。食事はもちろん、睡眠や運動、日光を浴びるといった老けない心と体をつくる生活習慣術を身につけましょう。

山田先生おすすめの老けないための製品

P27
小食と断食で活動的になる

  • ファスティングプレミアム
    老けない体をつくる生活習慣マルチミネラルビタミン
  • 腹八分目に病なし。専用ドリンクで必要なミネラルを補給しながら行う山田式の断食酵素ドリンク。体の機能回復に必要な栄養素を補給しながら行う断食をミネラルファスティングといいます。

老けない体をつくる生活習慣
老けない生活習慣
  • 朝一番の日光を浴びる
  • ブルーなときは納豆を食べる
  • 朝の冷たいシャワーで細胞が活性化
  • 早歩き散歩で血流アップ
  • 鼻うがいで呼吸も楽になる
  • 歯磨き粉を使わずに歯を磨く
  • 細胞が喜ぶ自然の音を聞く ほか

  • 若返りホルモンを増やして、いつまでもハツラツ長生き!
  • 寝る前の1杯の水で脳梗塞を防ぐ!
  • 血流をよくするうつぶせ寝
  • 早歩き散歩が骨を強くする
  • ペットと暮らすと免疫力が高くなる



20万部突破! 老けない体をつくる食べ方
(2016/3/3発売)

老けない体をつくる食べ方


関連情報
山田豊文先生
杏林予防医学研究所所長。米国公益法人ライフサイエンスアカデミー理事長。あらゆる方面から細胞の環境を整えれば、誰でも健康に生きていけるという「細胞環境デザイン学」を提唱し、本来あるべき予防医学と治療医学の啓蒙や指導を行う。細胞環境デザイン学に基づく医療を提供している。主な著書に 『死ぬまで元気に生きるための七つの習慣』(山と渓谷社)、『細胞から元気になる食事』(新潮社)、『病気がイヤなら「油」を変えなさい!』(河出書房新社)など。また、医師や歯科医師を中心とした日本ミネ ラルファスティング協会を主宰し、自身の理論を啓蒙すると共に、幼児教育、医療、美容、スポーツなど、さまざまな分野でもこの理 論を展開し、各界の著名人から支持を得ている。

山田豊文先生著作
山田豊文氏の本

ファスティングとは山田式ミネラルファスティングジュースファスティングの方法

杏林予防医学研究所まごわやさしい油と健康亜麻仁油とは食事と健康
体に蓄積した有害物毛髪検査杏林予防医学研究所開発・検定サプリメント




ファスティングプレミアム
山田先生お勧めファスティング


2016年9月29日木曜日

美的2016年11月号にてたるみ防止に酵素ジュースを毎朝飲むと掲載ファスティングプレミアム

美的2016年11月号にてたるみ防止に酵素ジュースを毎朝飲むと掲載ファスティングプレミアム


美的2016年10月号 ファスティング 美的


生活習慣の改善で進行だるみをSTOP!
美容誌販売一位の美的 2016年11月号

たるみの原因のひとつは悪しき生活習慣。下ばかり向く、猫背のまま・・・で過ごしている間にどんどんたるみは進行!ここでは、P.182登場の田中由佳さんが教えてくれた進行だるみ防止策を美的クラブメンバーがトライしました。
P183 (紙面から一部抜粋)



酵素ジュースを毎朝飲む


ナチュラルウェブ ファスティングプレミアム 美的

体の中からたるみをケアするには、「細胞を活性化させるに尽きます!」と田中さん。
「酵素ジュースや水素水、アミノ酸のサプリメントなどを補助的に取り入れて。継続することで、肌のハリが確実に変わってくるはずです!」

メーカー勤務・28歳
佐々木仁美さん


フェースラインの緩みを感じていたので、酵素ジュースを愛飲。ハリ感が出てきたかも!
佐々木さんが定期的に飲んでいる、75種類の野菜や果物を発酵・熟成させた酵素ドリンク。
ナチュラルウェブ ファスティングプレミアム 720ml





酵素ジュース 美的

詳細はにつきましてはぜひ美的2016年11月号をお読みください。
「肌・心・体」のキレイを追求するNo.1美容誌 キレイな人は、内面もキレイ! をモットーに、「肌・心・体」のトータルな美容情報を発信。毎月の新作コスメや最新情報を、どこよりも深く掘り下げてお届けします。
真似したくなる! やる気になる! 読むだけで美のモチベーションが上がる一冊です。

美的2016年10月号

この秋は流行りの顔で勝負する!

美的公式サイトはこちら
美的twtter

美的2016年11月号ご購入はこちら
表紙:石原さとみ 2016年9月23日発売 出版社:小学館


ナチュラルウェブ ファスティングプレミアム 美的美的2016年11月号にて酵素ジュースを毎朝飲むと掲載
ファスティングプレミアム


体の中からたるみをケアするには、「細胞を活性化させるに尽きます!」と田中さん。
「酵素ジュースや水素水、アミノ酸のサプリメントなどを補助的に取り入れて。継続することで、肌のハリが確実に変わってくるはずです!」

メーカー勤務・28歳
佐々木仁美さん


フェースラインの緩みを感じていたので、酵素ジュースを愛飲。ハリ感が出てきたかも!
佐々木さんが定期的に飲んでいる、75種類の野菜や果物を発酵・熟成させた酵素ドリンク。
ナチュラルウェブ ファスティングプレミアム 720ml




ファスティングとは
ファスティング効果
ファスティング体験記
ファスティングガイドブックファスティングの方法
夫婦で楽しむ、ファスティング入門

はるな愛さんお腹ぺたんこのファスティング酵素ドリンク


デトックスや脂肪燃焼などファスティングがもたらすメリットが雑誌掲載


断食成功例や小食のメリットが雑誌 毎日が発見に掲載
酵素ジュース 美的


美的2016年11月号にてたるみ防止に酵素ジュースを毎朝飲むと掲載ファスティングプレミアム


ファスティングプレミアム
山田先生お勧めファスティング

2016年9月16日金曜日

ファスティング 老けない体をつくる 骨と血管を強くするに掲載

ファスティング 老けない体をつくる 骨と血管を強くするに掲載


小食習慣と定期的な断食で若さを維持


山田先生オススメ


専用ドリンクで必要なミネラルを補給

ファスティングプレミアム
はこちら。

詳細は下記にて。

骨と血管を強くする 老けない体をつくる食べ方


山田豊文所長監修の食の教養ベストセラー書
「老けない体をつくる食べ方」(ムック)の拡張版


骨と血管を強くする 老けない体をつくる食べ方
骨と血管を強くする 老けない食べ方


間違った食生活によって増え続ける生活習慣病は、現代の医療では太刀打ちできません。

60年前には2300億円だった医療費が40兆円を突破するこの時代において病に伏さず、健康で楽しく生きていくことは最大の課題となりました。体の老化、病気知らずな元気な細胞は食べるもので変わります。いつまでも若々しく楽しく暮らすための食の基本を手に入れましょう。

  • 若さを保つ昔ながらの食の力
  • 咀嚼回数が減ると老けが加速する
  • 若さと健康の土台は骨と血管
  • 間違いだらけの牛乳と骨の関係
  • 玄米+大豆+野菜が主役の穀菜食
  • 山田式食事法による若返り食材
  • 今すぐやめるべきNG習慣 ほか

本に掲載される山田先生おすすめの老けないための製品



骨と血管を強くする 老けない体をつくる食べ方

監修者:山田豊文
出版社:宝島社
骨と血管を強くする 老けない食べ方


前回出版 19万部突破 老けない体をつくる食べ方
(2016/3/3発売)

老けない体をつくる食べ方


関連情報
山田豊文先生
杏林予防医学研究所所長。米国公益法人ライフサイエンスアカデミー理事長。あらゆる方面から細胞の環境を整えれば、誰でも健康に生きていけるという「細胞環境デザイン学」を提唱し、本来あるべき予防医学と治療医学の啓蒙や指導を行う。細胞環境デザイン学に基づく医療を提供している。主な著書に 『死ぬまで元気に生きるための七つの習慣』(山と渓谷社)、『細胞から元気になる食事』(新潮社)、『病気がイヤなら「油」を変えなさい!』(河出書房新社)など。また、医師や歯科医師を中心とした日本ミネ ラルファスティング協会を主宰し、自身の理論を啓蒙すると共に、幼児教育、医療、美容、スポーツなど、さまざまな分野でもこの理 論を展開し、各界の著名人から支持を得ている。

山田豊文先生著作


ファスティングプレミアム
山田先生お勧めファスティング